ファイナンシャル・プランニング技能士という資格

最近ではファイナンシャルプランナーという資格を聞くことが多くなってきましたね。お金に関係することについて相談にのってくれたり、それらを通して資産運用やプランを提案してくれたりしてくれる資格者のことです。この資格には種類があって、まず国家資格であるファイナンシャル・プランニング技能士という資格があるのです。これは一定のレベルの試験を受けて合格すれば、この名称を名乗ることができるという資格です。3級から1級まであります。

AFPとCFPという資格

ファイナンシャル・プランニング技能士という資格があるのはわかったと思います。ところがファイナンシャルプランナーという資格はこれだけではなくAFPとCFPという資格もあるのです。これは先程の国家資格とは違って、民間がその資格を認定しています。しかし民間の資格だからと言って国家資格より意味がないということはなく、国家資格として成立する前にその民間がその資格を管理していたので、効果としては問題がないものです。ファイナンシャル・プランニング技能士とAFPとCFPという資格は、両方取得することができるので、ファイナンシャルプランナーの資格を極めたい人は両方取ると良いでしょう。

そして名乗るだけならこの資格は・・・

ファイナンシャルプランナーには2種類の資格があることがわかりましたね。初めて詳しく聞いた人は、まさかこの資格に2種類もの種類があるとは思ってもいなかったかと思います。しかし実はもっと驚くことがあるのです。それは「ファイナンシャルプランナー」と名乗るだけならファイナンシャル・プランニング技能士とAFPとCFPという資格は持ってなくても問題ないのです。「ファイナンシャル・プランニング技能士」と名乗るにはこの資格に合格しなければなりません。「AFP」「CFP」を名乗るにはこの資格に合格して登録もしていなければなりません。しかし「ファイナンシャルプランナー」と名乗るだけなら、資格を規制する法律上の問題はないのです。名乗るかどうかは別としても知っておくと面白いかもしれませんね。

cfpの導入検討では、広告費に対して1ファンの獲得が重要なので、費用対効果を考えてから導入が必要です。