信用取引のデメリットの把握は必須!

株取引の信用取引は取引内容の幅を拡大してくれるため、そのぶん利益を得るチャンスも広げてくれます。しかし、ハイリターンであればハイリスクになるのは投資の世界では鉄則です。当然、信用取引も現物取引では見られないデメリットがあります。このデメリットを正しく把握しておき、信用取引で何をしてはいけないのか、どうすれば利益を出すことができるのかという課題を導き出す上での重要な指針として常に心に留めておくようにしておきましょう。

信用取引最大のデメリット、それは追証!

現物取引には見られない信用取引独特の問題として最初に挙げられるのは、確実に「追証」でしょう。追証は、信用取引で出た損失が委託証拠金を上回った場合に発生する事態で、超過した分の金額だけ早急に専用口座に差し入れる必要に迫られます。損失超過が発生した日の証券会社の閉店時間までに入金しなければいけないというのが大半で、これに間に合わない場合は多大なペナルティが科せられます。この追証を発生させないためには、十分な委託証拠金を準備し、絶対にレバレッジぎりぎりで取引しないように心がける必要があるでしょう。

信用取引には期限が定められている!

もうひとつ、現物取引では見られない信用取引独特の状況として、信用取引には取引期限が定められているということがあります。株取引で期限があるのかと違和感を感じる人もいるかもしれませんが、信用取引はそもそも株を証券会社から借りて行う取引です。いわば借金して取引を行うのですが、借金に返済期限があるのと同様に借りた株にも返済期限があるのは当然のことと言えるでしょう。従って、信用取引では「半年保有していれば確実に利益が出るので、早くから取引を行って株を保有し続けよう」という取引はできないのです。

信用取引とは、自分を信用してもらい、持っている資金以上に株式投資を行うことです。自分の資金などを担保にして証券会社からお金を借りて投資する事が出来ます。