火災保険に用意された様々な特約

火災保険を選ぶときには、そのオプションの豊富さも重要な選択肢の一つです。火事で家屋や家族に被害がでたときだけに利用できるよりも、もっと暮らしのいろいろな場面で利用できる保険のほうが、やっぱり便利ですよね。火災保険の人気の特約として、最近あるオプションの人気が急上昇中だとか。保険会社の話によると、本来の火災保険の契約内容よりも、この特約について熱心に質問されることもあるそうなんです。その特約とは、ずばり自転車保険です。

きっかけは道路交通法の改正

火災保険の特約として、自転車保険がクローズアップされるようになったきっかけと言うと、道路交通法の改正です。自転車での危険運転について、厳しく取り締まりを行うようになったことが影響しているといいます。また、都市部であいつぐ自転車の事故も自転車保険への加入を後押ししています。自転車に乗っている人が、通行人に怪我を負わせる事故が全国で多発し、一億円近い損害賠償を請求されるケースも増えているのです。火災保険には、自転車保険や盗難保険、海外旅行損害保険など様々なオプションがありますから、火災保険に加入するついでに自転車保険にも加入する人が多くなったというわけです。

火災保険とは別に自転車専用保険を販売する保険会社も

これまでは火災保険や損害保険などのオプションとして、契約されることが多かった自転車の保険ですが、このようなニーズの高まりに後押しされる形で、自転車専用の保険も登場してきています。大手のスポーツ用品店やコンビニエンスストアが、代理店となって販売を促進したり、自転車メーカーが自転車の販売と同時に保険加入をすすめるなど、ますます加入しやすくなっています。加入者にとっては、いろいろな選択肢が増えることは大歓迎すべきことです。ますます使いやすくなりますよね。

火災保険とは、建物などを借りたり、買ったりする際に加入するものです。それによって、火事にあった際に様々なことを保証してもらえるのです。